記事一覧

投稿日:2019/03/17

働いている人の腰痛と肩こり

腰痛と肩こりは、働いている人で悩んでいる方が非常に多い状態です。 厚生労働省が行っている国民生活基礎調査でも男女とも健康問題の1位、2位を肩こり・腰痛が占めています。 これらはプレゼンティーズム(健康問題を抱えて働いているため生産性が落ちる …

投稿日:2019/03/10

産業医が行う全員面談の効果

今日は全員面談という手法についての説明をします 新しい企業をもったとき、なんか人間関係がうまくいっていない、鬱が多いみたいから何かしたいという依頼が入ることがあります。 その時に私が使うのが全員面談です。 私の場合年のスケジュールはかなりい …

投稿日:2019/03/03

花粉症の早期発見と節税

花粉症の季節になってきました。 生産性と税金対策の二点からお話しします。 花粉症になっている人は生産性が落ちていることをご存知ですか? 平均で約4%落ちるとされています。 成人の大半に花粉症がある現在、コントロールを皆が上手にできていれば会 …

投稿日:2019/02/24

産業医は職場巡視で何をしているか

産業医には月に1回職場巡視をする義務があります。 皆さんの中にもなんか月1回怪しい医者が来ているなと思った方もいらっしゃるかと思います。 あれは何をしているかというと、みなさんの働く環境、例えば部屋が暗くないかとか、床のコードが足に引っ掛か …

投稿日:2019/02/17

日本で最も古い“過労死”

長時間残業が脳や心臓の疾患を引き起こし、過労死につながるのは今ではよく知られたことです。「過労死」という言葉自体1980~90年代に広がった言葉です。 ではわが国で記録に残る最も古い過労死認定は何でしょうか。 おそらく1948年、まだ戦後間 …

投稿日:2019/02/10

忘れがちな健康診断。残業が多い方、夜10時以降働く方には年2回の健康診断が必要

健康診断と罰則 年1回の定期健康健康診断に関しては 「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。(労働安全衛生法66条)」 とあり受けさせるのは会社の義務、また受けるのは労働者の義 …

投稿日:2019/02/03

ワーク・エンゲイジメントをご存知ですか?

オランダのシャウフェリ博士が提唱した概念で 「仕事に誇りや、やりがいを感じている」(熱意)、 「仕事に熱心に取り組んでいる」(没頭)、 「仕事から活力を得ていきいきとしている」(活力) の3つが揃った状態のことをいいます。 どんな仕事をして …

投稿日:2019/01/27

風疹が恐れられる理由

昨年(2018年)から今年にかけての風疹の流行はようやく終わろうとしています。 今回は職場で流行する可能性がある風疹についてです。 ウイルスによる全身性の疾患ではしかによく似ているが症状が軽いことから俗に3日はしかと呼ばれています。 2~3 …